家族に絶対ばれたくない方のためのキャッシング方法

MENU

家族に絶対ばれたくない方のためのキャッシング方法

 

キャッシングをするにあたって、家族に余計な心配をかけたくありませんし、絶対にバレたくありませんよね?

 

実際に家族にバレずに借りられるか?というと、「安定した収入」があってきちんと返済できる人であれば、この記事に書いてあることを実践して頂くことで、バレズに借りることが出来ます。

 

今回は実際にキャッシングをした際に家族にバレそうなポイントと、どうしたらそのポイント部分でバレずに済むかということについて詳しくご紹介していきます。

 

家族に絶対ばれたくない方のためのキャッシング方法<目次>

下記の気になる項目clickで詳細ページに飛びます

 

家族に絶対ばれたくない方のためのキャッシング方法Ⅰ:【電話連絡の対策】

金融機関

自宅への電話連絡

タイミング

対策方法

アイフル

有り

在籍確認

プロミス

基本は無し

モビット

基本は無し

アコム

有り

契約時

・ネット申込は書類が自宅に届くので「むじんくん」か店頭で契約をする
・希望連絡先を「携帯だけ【希望する】」にして申し込む

ノーローン

有り

増額の案内など

・申込の際に「家族の承知の有無」があるので【内緒】を選択する

レイク

基本は無し

楽天銀行スーパーローン

有り

書類に不備などがあり確認の場合

オリックス銀行カードローン

基本はなし

申込の際に連絡先に自宅の電話番号を記載しなければかかってこない

みずほ銀行カードローン

有り

確認事項があったり、来店・電話での申し込みをした場合は自宅に結果連絡がくる

バンクイック

有り

審査内容によって電話がくる場合がある

 

上記を見てもらうと分かるように、アイフル以外は「書類に不備」が無かったりや、対策を取ることで電話連絡が来ることはありません。、アイフルは在籍確認のタイミングで自宅の固定電話がつながるかの確認の為にも電話がかかってきます。

 

自宅の固定電話を申し込みの際に記入しなければ電話は来ませんが、固定電話があった方が審査に通る確立は上がります。担当者の個人名で電話が来ますし、時間や性別のお願いも出来るのである程度バレにくくはできます。

 

また、「基本はなし」や「家族に内緒」にしたとしても滞納などがあれば契約者と連絡を取らなければいけない為、自宅にかかってくる場合があります。

 

家族に絶対ばれたくない方のためのキャッシング方法Ⅱ:【書類】の対策

金融機関

自宅に郵送物がこなくする方法

郵送物の差出人名

(送られてくる場合)

備考

アイフル

来店契約してその場でカード発行

AIセンター

プロミス

来店契約してその場でカード発行

個人名

モビット

「Web完結」申込

NCセンター

アコム

来店契約してその場でカード発行

ACサービスセンター

ノーローン

来店契約してその場でカード発行

社名が見えない形で封筒

レイク

来店契約してその場でカード発行

新生銀行

(本人限定郵便)

楽天銀行スーパーローン

無し

楽天銀行

契約書・カードが必ず送られてきます。

オリックス銀行カードローン

無し

オリックス銀行

契約書・カードが必ず送られてきます。

みずほ銀行カードローン

無し

みずほ銀行

契約書・カードが必ず送られてきます。

バンクイック

来店契約してその場でカード発行

三菱東京UFJ銀行第2リテールアカウント支店

自動契約機でカード発行する場合は必ず免許証が必要

 

自動契約機や店舗窓口があるところは、直接行って契約することで後々カードや契約書が郵送されるのを防ぐことが出来ます。但し、消費者金融であれば郵送されてきても分かりづらい社名で送られてきます。

 

家族に絶対ばれたくない方のためのキャッシング方法Ⅲ:【実際に利用する時の注意点】

【実際に利用する時の注意点】Ⅰ:返済の滞納・遅延は絶対NG!

家族にバレたくなければ、返済の滞納や延滞は絶対にNGです。家族にバレる最も多い理由が、遅延や滞納による督促の連絡からです。延滞・遅延があると業者側も「今月は返済が無いけど何かあったのかな?」と思い、下記のような順番であなたに連絡を取ってきます。

 

  1. 連絡先として登録している電話番号に連絡(メールの場合もある)
  2. 自宅・勤務先に連絡
  3. 自宅に「督促状」などの書面が届く

 

基本的に金融機関側は本人以外には出来るだけバレないように配慮した上で電話をくれます。個人名かけてくれたり、本人以外には用件を言うこともありません。また、1の段階で電話が出られなかったら出来るだけ早く折り返しの連絡を入れましょう。

 

その前に、どうしても返済が遅れてしまう場合は事前に自分から連絡を入れましょう。その際に「いつまでに返せる」かなどを相談しておくことで「返済する意思がある」ことを担当者に分かってもらうことが大切です。

 

【実際に利用する時の注意点】Ⅱ:カードや明細書の管理を徹底する

カードローンの利用が家族にバレる理由で督促状の次に多いのが「キャッシングカードや明細書」が見つかってバレるパターンです。

 

特に明細書はポケットやカバンに直接入れておかないで、必ずきちんと保管するかプロミス・アコムのようにWeb明細を取り入れている業者を選びましょう。

【実際に利用する時の注意点】Ⅲ:来店時に知人に見つからないように

まだ銀行の窓口なら問題無いんですが、消費者金融の自動契約機や店舗に入っていくところを知人や近所の人に見られたら、噂になってそこから家族にバレてしまう可能性は充分にありますよね?

 

だからといって知人に見つからないように隣の市まで行くのはさすがに手間です。。そんな時には「ネット申込」が便利なんですが【方法Ⅰ・Ⅱ】でまとめたように、ネット申込をすると自宅に郵送物が届く金融機関もありますので【方法Ⅰ・Ⅱ】を良く読んで、ネット申込でも書類が届かないところを選びましょう。

 

アコムであれば「むじんくん」か「店頭」で契約し、希望連絡先を「携帯に指定」+カードも「むじんくん」か「店頭」で発行すればバレやすいポイントを抑えて契約することができます。

 

 

 

 

家族に絶対ばれたくない方のためのキャッシング方法Ⅳ:【解約後に送られてくる契約書について】

キャッシングを完済すると解約することが出来るようになります。金融機関によって解約方法は異なりますが、基本的にはキャッシングカードを切って使えなくして、解約申込書と一緒に契約先に発送します。

 

解約手続きが済むと契約書が送られてきます。契約書が送られてきて始めて正式に解約となります。その際には【方法Ⅱ】の「郵送物の差出人名」で送られてくるのでバレる可能性は少ないですが、不安な人はオペレーターに時間指定が出来ないか相談してみましょう。

 

カードを切っただけで安心しないよう気をつけましょう。カードが使えなくなっても、契約状態であればカードを再発行すればまたキャッシングが出来る状態ということです。

 

住宅ローンや自動車ローンを組む際には銀行からは「契約中=いつでも借りられる=借り入れと同じ」と見られ原点対象となります。もう使わないのであれば、確実に契約書を返してもらい解約をしましょう。

 

良く、「消費者金融やフリーローンを使用しただけで住宅ローンの契約に不利になる」という噂が出ますが、普通に使用し、解約していれば全く問題はありません。

目的に合ったキャッシング会社を探す

当サイトの申込ランキング 今日中にキャッシングしたい 審査が通りやすい金融会社

家族に絶対ばれたくない方のためのキャッシング方法

>>詳細はココ

家族に絶対ばれたくない方のためのキャッシング方法

>>詳細はココ

家族に絶対ばれたくない方のためのキャッシング方法

>>詳細はココ

無利息でキャッシングしたい ばれないでキャッシングしたい 毎月の返済額が少ない金融会社

家族に絶対ばれたくない方のためのキャッシング方法

>>詳細はココ

家族に絶対ばれたくない方のためのキャッシング方法

>>詳細はココ

家族に絶対ばれたくない方のためのキャッシング方法

>>詳細はココ

関連ページ

銀行カードローンvs消費者金融「審査」「借入」
銀行カードローンと消費者金融とで「審査」・「借入」にどんな差があるのか、分かり易く比較してご紹介していきます。あなたに合った借入はどちらから可能か、確認してから契約しましょう。
はじめてのキャッシングの際に知っておかないと損する7つのこと
キャッシングをするにあたって、はじめての人は分からないことが沢山あると思います。ここでははじめてキャッシングをする人が「知らないと損する8つのこと」についてご紹介していきます。はじめてキャッシングを利用する人は必ず事前に読んでおきましょう。
キャッシング新規申込するときの流れ
キャッシングに新規申込する流れをご紹介します。当サイトをはじめ、ネット上にある色々なサイトを見ていると、申込から借入までがすごくめんどくさそうに見えますが、実は要点だけ抑えていくととても簡単なんです。
2016年最新のキャッシングの法律徹底解説!
ここでは2016年のキャッシングに関する法律を紹介していきます。但し、今のキャッシング事情を紹介する上で、必要な情報も載せているので少し前の法改正についても触れています。
損しないキャッシング方法
キャッシングをする際に損しない方法をまとめました。はじめてキャッシングをする方や、既に利用している方まで意外と知らない見落としがちな損するポイントをまとめました。
キャッシングのコンビニATM・銀行ATM手数料まとめ
キャッシングをする上で気をつけたいのが「コンビニATM」と「銀行ATM」などの手数料です。一回あたりは数百円ですが、1ヶ月に何度もキャッシング・返済をしていると手数料だけで数千円なんてことにもなります。ここでは各金融機関ごとにATM手数料をまとめました。
コンビニATMのキャッシング借入方法
コンビニATMを使ってキャッシングするには、まずは金融機関との契約が必要です。ここでは契約後、実際にコンビニATMを使った借入方法について詳しくご紹介していきます。
一時的にお金が必要な場合は無利息キャッシングで上手に活用
急な冠婚葬祭や事故・病気など、一時的にお金が非必要になるシチュエーションは多数有ります。銀行カードローンは確かに低金利ですが、一時的にお金を用意するのであれば、無利息でキャッシングできる消費者金融がおすすめです。ここでは一時的にお金が必要になった際におすすめの無利息キャッシングをご紹介します。
キャッシングをインターネットやWEBから申し込みする方法
ここでは「信販クレジットカードキャッシング」「銀行カードローン」「消費者金融」の3つの金融機関を元に、それぞれをインターネットから申し込みする際の手順についてご紹介していきます。
ネットキャッシングのメリット・デメリット
ここではネットキャッシングについてのメリット・デメリットをまとめてご紹介していきます。ついついメリットの方ばかりに目がいってしまいがちですが、デメリットについてはどこまでご存知でしょうか?
カードローンの金利計算 | 10万・30万・50万・100万借りた場合
ここではカードローンの金利計算をシュミレーション形式でご紹介していきます。10万・30万・50万・100万それぞれを最低返済額・1年・2年で返済してくパターンでシュミレーションしました。
無担保融資のメリット・デメリット
無担保融資を受けることができる方法はいくつかあります。ここでは消費者金融や銀行カードローンなどの無担保融資のメリット・デメリットについて詳しくご紹介していきます。