損しないキャッシング方法

MENU

損しないキャッシング方法

 

キャッシングは無担保のローンとなるのでただでさえ金利が高いのが特徴です。キャッシングをする際にもっとお得に(損しない)方法は無いのか?徹底的に調べました。

 

知らず知らずのうちにあなたも損をしているかもしれませんよ?損しないキャッシング方法の王道からちょっとした裏技まで詳しくご紹介していきます。

 

損しないキャッシング方法<目次>

下記の気になる項目clickで詳細ページに飛びます

 

損しないキャッシング方法Ⅰ:少しでも金利の安いところで借りる

一言にキャッシングといっても、融資会社・借りる金額(限度額)によって金利が大きくかわってきます。大きく分けると、融資会社は下記の3つに分けられます。

 

銀行系(カードローン)⇒クレジットカード系(キャッシング)⇒消費者金融系(キャッシング)

 

上記は左から金利が安い順番になっています。逆に審査が通りやすいのは右からと言われています。最近では金利が低い銀行系でも即日借入できるところが増えています「低金利で即日キャッシングできるおすすめ金融機関はどこ?」を参考にしてみて下さい。

 

損しないキャッシング方法Ⅱ:短期間なら「無利息期間」を利用する

良く、CMなどで「〇日間無利息」などとやっているのを目にすると思いますが、無利息期間があるのは原則として消費者金融だけで、しかも消費者金融の中でも1部だけです。

 

アコム

30日間無利息

ノーローン

7日間無利息

新生銀行カードローン レイク

30日 or 180日間の無利息

SMBCコンシューマファイナンス プロミス

30日間無利息

実際にレイクの180日間無利息サービスを使って10万円借りた場合のシュミレーションをしてみました。

 

 

みずほ銀行(上限金利14%)

レイク(上限金利18%)

6ヶ月返済でかかる金利手数料

4,118円

1,500円

12ヶ月返済でかかる金利手数料

7,736円

4,998円

※それぞれ各社が用意しているシュミレーションを使った結果を載せています。

 

 

金利はみずほ銀行の方が低いんですが、無利息期間を利用することで金利手数料がグっと下がっていることが分かって頂けると思います。無利息期間を比較した記事もあるので「アコム・プロミス・レイク・ノーローンの無利息キャッシング比較」もご覧下さい。

 

損しないキャッシング方法Ⅲ:一日でも早く返して無駄な金利を減らす!

これを分かっていていない人が多いです。カードローンであれキャッシングであれどれも金利(利子)1日単位で増えていきます。借入額によっては1日数百円の人もいるでしょうが、額が多くなれば1日で数千円ということにだってなるのがキャッシングです。ここで気をつけて欲しいのが、返済方法です。

 

消費者金融ではありませんが、銀行系カードローンなどの場合、「今月は余裕があるから多めに返済しよう」となった際に手続きがめんどうです。具体的には、下記のように進みます。

 

  1. 金融業者に多めに返済したい旨を電話で連絡します。
  2. 金融業者から指定の口座番号を言われます。
  3. 何時頃にいくら振り込めるのかを伝えて振り込みます。(手数料は自分負担)

 

消費者金融であれば、全国のATMから返済(借入)が自由なのでとても簡単です。金利は銀行系の方が少ないですが、短期間に返済しようとした際にちょっと面倒なんですね。ちなみに、一般的にはこのような返済を「繰上げ返済」と言いますが、金融会社によって言い方は様々で下記のように言う場合もあります。

 

  • 一括返済
  • まとめ払い
  • よゆう払い

 

審査を申し込む前に、繰上げ返済の手順についても事前に調べて納得した上でキャッシングをすると、後で楽になりますよ。

 

リボ払いはかなり損!?内容を理解した上で利用しましょう。

キャッシング機能付きのクレジットカードでキャッシングをした場合などは、支払い回数または支払い金額をあなた自身で選ぶことができます。

 

例えば以下の条件でキャッシングしたとします。

  • 借入金額:20万円
  • 金利:18%
  • 支払いコース:定額(5,000円、10,000円、20,000円)

 

月々の返済額

(下記+手数料)

支払い回数

金利手数料(合計)

合計支払い額

20,000円

10回

13,577円

213,577円

10,000円

20回

28,578円

228,578円

5,000円

40回

58,577円

258,577円

(※JCCA日本クレジットカード協会のホームページにあるシュミレーションを使って計算しています。)

 

実際に月々支払う金額としては指定した金額+手数料がかかってくるので、返済はさらに厳しくなります。これを見ると返済額を低く設定したいところではありますが、「低くする=無駄な金利がかかる」ということです。

 

月々「5千円+金利手数料」くらいなら毎月の支払いも簡単ですが、完済までには40回もかかり合計で58,577円もの金利を取られてしまうことになります。一般的にはリボ払いにしておいてもカード会社に連絡することで、「繰上げ返済」が可能なので余裕がある時にはどんどん返済して元金を減らしていきましょう。

 

損しないキャッシング方法Ⅳ:借入件数を増やす前におまとめローンを検討する

例えば、5社から20万円ずつ借りているとした場合、毎月5回返済日がやってくるということになります。振込み手数料などを考えると非常に勿体無いです。

 

また、20万円ということは大抵金利も18%近く支払うことになります。銀行や消費者金融がやっているおまとめローンで借りれば100万円以上になれば金利が15%になります。(これは賃金業法で決められた最高金利なのでこれ以下になることもある)

 

必ず「100万円以上借りなければいけない」という訳では無く、「利用限度額が100万円」を超えた場合に適用される為、金利が安いところや、自分で借りていて長く利用している(返済を続けている)ところに、おまとめローンが出来ないか相談してみましょう。

 

今まで返済に遅延などが無ければ相談にのってくれる可能性が高く、新規でおまとめローンを申し込むよりも確立は高いです。返済も毎月1回で済む上に金利まで安くなるというのは返済で首が回らない人にとってはとても楽になります。

 

損しないキャッシング方法Ⅴ:有料顧客になってお得にキャッシング

「有料顧客」になると金融機関側から「利用限度額を増やせます」といった案内が来ます。これ、興味無い人には全く意味が無いんですが、限度額って上げようと思っても中々上がらないので、これ自体チャンスなんです。

 

例えば、下記のように借りているとします。

 

  • 〇社から20万円(限度額いっぱい)、毎月15日返済
  • ×社から10万円(限度額いっぱい)、毎月5日返済

 

〇社から「限度額の増枠」案内がきて、最大30万円まで借りれるようになったら×社から借りている10万円を〇社から借りて返済できます。「ただ借金を借金で返しただけ」のように思えますが、毎月かかっていた返済手数料や、返済日が月1回に減るのでそれだけ負担も減ります。

 

損しないキャッシング方法Ⅵ:クレジットカードキャッシングは〆日に注意!

クレジットカードを使ってキャッシングする場合、「〆日」と「支払日」を注意する必要があります。例えば、A社では「毎月の〆日が15日」「支払い日が翌月の27日」とします。A社から「5万円」を「実質年率18%」で借りるとします。

〆日前日に借りた場合の利息期間の考え方

借入日

利息期間

支払日

かかる利息

5月30日

28日間

6月27日

690円

 

〆日翌日に借りた場合の利息期間の考え方

借入日

利息期間

支払日

かかる利息

6月1日

56日間

7月27日

1380円

 

このように、「〆日の前に借りるか」「後に借りるか」で利息期間が大きくかわってきます。その為、クレジットカードキャッシングをする際は常に「〆日を意識」する必要があります。

 

繰上げ返済なども可能ですが、クレジット会社によっては「一括支払いを指定」した場合、繰上げ返済を受付ないところもあるので注意が必要です。

目的に合ったキャッシング会社を探す

当サイトの申込ランキング 今日中にキャッシングしたい 審査が通りやすい金融会社

損しないキャッシング方法

>>詳細はココ

損しないキャッシング方法

>>詳細はココ

損しないキャッシング方法

>>詳細はココ

無利息でキャッシングしたい ばれないでキャッシングしたい 毎月の返済額が少ない金融会社

損しないキャッシング方法

>>詳細はココ

損しないキャッシング方法

>>詳細はココ

損しないキャッシング方法

>>詳細はココ

関連ページ

銀行カードローンvs消費者金融「審査」「借入」
銀行カードローンと消費者金融とで「審査」・「借入」にどんな差があるのか、分かり易く比較してご紹介していきます。あなたに合った借入はどちらから可能か、確認してから契約しましょう。
はじめてのキャッシングの際に知っておかないと損する7つのこと
キャッシングをするにあたって、はじめての人は分からないことが沢山あると思います。ここでははじめてキャッシングをする人が「知らないと損する8つのこと」についてご紹介していきます。はじめてキャッシングを利用する人は必ず事前に読んでおきましょう。
キャッシング新規申込するときの流れ
キャッシングに新規申込する流れをご紹介します。当サイトをはじめ、ネット上にある色々なサイトを見ていると、申込から借入までがすごくめんどくさそうに見えますが、実は要点だけ抑えていくととても簡単なんです。
家族に絶対ばれたくない方のためのキャッシング方法
キャッシングをするとなると、一番心配なのが家族です。悪いことをしている訳では無いんですが、キャッシングが問題で離婚してしまう夫婦も居ます。ここではそんなことにならない為に、バレずにキャッシングする為の方法をご紹介していきます。
2016年最新のキャッシングの法律徹底解説!
ここでは2016年のキャッシングに関する法律を紹介していきます。但し、今のキャッシング事情を紹介する上で、必要な情報も載せているので少し前の法改正についても触れています。
キャッシングのコンビニATM・銀行ATM手数料まとめ
キャッシングをする上で気をつけたいのが「コンビニATM」と「銀行ATM」などの手数料です。一回あたりは数百円ですが、1ヶ月に何度もキャッシング・返済をしていると手数料だけで数千円なんてことにもなります。ここでは各金融機関ごとにATM手数料をまとめました。
コンビニATMのキャッシング借入方法
コンビニATMを使ってキャッシングするには、まずは金融機関との契約が必要です。ここでは契約後、実際にコンビニATMを使った借入方法について詳しくご紹介していきます。
一時的にお金が必要な場合は無利息キャッシングで上手に活用
急な冠婚葬祭や事故・病気など、一時的にお金が非必要になるシチュエーションは多数有ります。銀行カードローンは確かに低金利ですが、一時的にお金を用意するのであれば、無利息でキャッシングできる消費者金融がおすすめです。ここでは一時的にお金が必要になった際におすすめの無利息キャッシングをご紹介します。
キャッシングをインターネットやWEBから申し込みする方法
ここでは「信販クレジットカードキャッシング」「銀行カードローン」「消費者金融」の3つの金融機関を元に、それぞれをインターネットから申し込みする際の手順についてご紹介していきます。
ネットキャッシングのメリット・デメリット
ここではネットキャッシングについてのメリット・デメリットをまとめてご紹介していきます。ついついメリットの方ばかりに目がいってしまいがちですが、デメリットについてはどこまでご存知でしょうか?
カードローンの金利計算 | 10万・30万・50万・100万借りた場合
ここではカードローンの金利計算をシュミレーション形式でご紹介していきます。10万・30万・50万・100万それぞれを最低返済額・1年・2年で返済してくパターンでシュミレーションしました。
無担保融資のメリット・デメリット
無担保融資を受けることができる方法はいくつかあります。ここでは消費者金融や銀行カードローンなどの無担保融資のメリット・デメリットについて詳しくご紹介していきます。