消費者金融の審査に落ちる7つの理由

MENU

消費者金融の審査に落ちる7つの理由

 

消費者金融に新規キャッシングの審査を何回も申し込んでいるのに全然通らない…。そんな人がけっこう多いように感じますが、急な出費でお金が必要になったからって立て続けに何社もに審査を申し込んでいませんか?

 

そもそもその時点で審査に通り難くなっているって知っていましたか?ここでは消費者金融の審査に落ちる7つの理由について詳しくご紹介していきます。

 

1つずつ改善策も紹介していきますので、参考にして良い方向に変えられるものは変えていきましょう。宜しかったら「消費者金融の審査が通るか不安なあなたへ~審査に通りやすくするコツ~」も参考にして下さい。

 

 

項目別で消費者金融の審査に落ちる7つの理由<目次>

下記の気になる項目clickで詳細ページに飛びます

 

消費者金融の審査に落ちる理由1:【職業】

公務員⇒大手企業⇒中小企業⇒自営業

 

公務員の方が審査が通る可能性が高くなります。公務員ってリストラとかがありませんからね、「安定して返済できるか?」という点では非常jに評価が高いのも納得です。また、公務員なら定年や退職までに完済しなくても、大量の退職金が出ますから、金融業界からの信用が高いんです。次に雇用形態についてですが

 

正社員⇒契約社員⇒派遣社員⇒アルバイト・パート⇒専業主婦・無職

 

この中で考えればいきなり収入が無くなって返済出来なくなる可能性が低いのは正社員ですよね?無職や専業主婦だとどうしても「安定して返済できるか?」という目で審査をされる為、審査には通らなくなります。

 

また、中小企業の社長・代表や自営業者も審査に通りにくくなります。個人で借り入れたお金を事業に使うのは契約違反になるんですが、実際に貸したお金がとう使われるかまでは確認しようがありません。

 

なので自営業者や中小企業の社長などの場合、収入が多くても事業内容や規模などを細かく審査されることが多く、審査も厳しくなります。

消費者金融の審査に落ちる理由2:【総量規制】

2010年に法改正が入り、年収の3分の1以上の貸付禁止が法律で決まりました。(詳しくは「2016年最新のキャッシングの法律徹底解説!」の総量規制をご確認下さい。)

 

金融業者は「あなたがどこからいくら借りているか」という情報を調べることが出来るので、他社も合わせて全ての借入が年収の3分の1以上ある場合はまず審査に通ることはありません。

 

仮に審査に通ったとしても、3分の1以上の借入があると分かった段階でキャッシングを利用出来なくなります。*自動車ローンや住宅ローンは別計算となります。

 

総量規制に該当してお金を借りられない・審査に通らない場合は、銀行カードローンは総量規制の対象外となる為、年収の3分の1以上も借りることが出来ます。また、収入が無い専業主婦の方でも借りることが出来ます。詳しくは「専業主婦でも即日で借りられる銀行カードローン」を参考にしてください。

 

消費者金融の審査に落ちる理由3:【ブラックリスト入り】

これは、今までのキャッシングやカードローンの他にもクレジットカードなども合わせて全ての使用状況において言えることですが次のようなことがありませんでしたか?

 

  • 返済の延滞
  • 長期延滞による強制解約
  • 債務整理
  • 携帯・スマホの割賦支払いの延滞

 

一見関係ないように思えますが、携帯やスマホの割賦支払いに延滞があっても、あなたの「個人信用情報」に傷がつき、実質ブラックリストとして扱われてしまいます。

 

返済の延滞は引き落とし口座を別にしていたばっかりに「ついうっかり」というパターンが多いものですが、金融業者としては延滞がある人は返済に対する信用が低い人として見られます。詳しくは「消費者金融を利用したら住宅ローン等のローンが組みにくくなる?!」を参考にして下さい。

 

内容にもよりますが、記録は最長で5年残ると言われていますが、ブラックリストに載ったからと言って先5年間は絶対に審査に通らないという訳ではありません。

 

実際に上記のような経験をして5年以内に審査に通る人もいる為、他のポイントを抑えておきましょう。まだ延滞経験の無い人は引き続き延滞の無いよう気をつけましょう。

 

消費者金融の審査に落ちる理由4:【在籍確認】

消費者金融に申請をすると、通常は職場に「在籍確認」の電話がきます。これは、あなたが本当にそこで働いているのかを確認するものです。

 

電話がかかってきたときにあなたがいれば簡単な質問に答えて終了となりますが、あなたがおらず他の人が電話に出てしまい「いません」や「分かりません」などの回答をしてしまうと審査に通りません。

 

この場合、タイミングをずらして改めて在籍確認をされる場合があります。(電話に出た人が名前の聞き間違いやあなたを知らない場合もある為)なので勤務先の規模にもよりますが、代表番号などでは無く、誰が電話に出てもあなたの名前を知っているような部署の電話番号などを記載するようにしましょう。

 

最近では在籍確認を書類で行ってくれる金融機関も出てきました。詳しくは「在籍確認や電話連絡なしの審査でキャッシングを利用する方法」を参考にして下さい。

 

派遣社員やアルバイトの場合の在籍確認

在籍確認は派遣社員であれば登録している派遣会社、アルバイトの場合はそのアルバイト先に(工場勤務の場合も)在籍確認がきます。

 

ただ、先にも書きましたが会社名を言ったりはせず個人名であなたがそこで働いているか?という確認がくるだけなので消費者金融からの電話だと気づく人はいませんので気にしなくて大丈夫です。

 

消費者金融の審査に落ちる理由5:【申込内容の誤り】

嘘であっても、誤りであっても消費者金融は審査の中で申込み内容に書かれている内容を確認していきます。例えば、無職の場合はそもそも審査に通ることはありません。でも申込み書に以前働いていた会社名を記載した場合、その会社に在籍確認がいきます。

 

当然もうあなたはその会社にいない訳ですから「もう辞めましたが…」と言われてしまいます。消費者金融からすればあなたが嘘の内容を書いていたことになります。これからお金を貸す相手が嘘をついていれば審査に通らないのは当たり前ですよね?

 

これはあまりにひどいケースですが、申込み書には他社からの借入金額・件数を書き込む欄があります。ここも金融機関が少し調べれば分かることなので必ず正直に書きましょう。総量規制もある為、金融機関は他社の借入状況などは必ず調べます。

 

誤りであったとしても、申込内容に不備があれば疑われてしまいます。必ず正しい内容を記載しましょう。

 

消費者金融の審査に落ちる理由6:【短期間に過度な申込み件数】

これは期間と件数です。期間であれば1回目の申込みから長い期間開いていた方が良いですし、件数であれば少ない方が良いです。

 

目安としては1ヶ月の間に3件以上は良く無いと言われていますが、3ヶ月で2件、6ヶ月で1件と期間が長く・件数が少なくなればそれだけ有利になります。

 

消費者金融の審査に落ちる理由7:【勤続・居住年数】

勤続年数と居住年数は最低でも1年以上が望ましいとされています。仕事や住まいが頻繁に変わる人がいたら、「安定しない人だなぁ~」と思いますよね?それと同じです。

 

これはどちらも長い方が有利とされています。一つ注意としては、今までずっと同じ場所に住んでいたのに最近引っ越したばかりでまだ1年未満という場合があると思います。

 

この場合、以前の住所にどれだけ住んでいたかは考慮されないので、引越しの予定がある人は引っ越し前に審査を受けた方が良いでしょう。

目的に合ったキャッシング会社を探す

当サイトの申込ランキング 今日中にキャッシングしたい 審査が通りやすい金融会社

消費者金融の審査に落ちる7つの理由

>>詳細はココ

消費者金融の審査に落ちる7つの理由

>>詳細はココ

消費者金融の審査に落ちる7つの理由

>>詳細はココ

無利息でキャッシングしたい ばれないでキャッシングしたい 毎月の返済額が少ない金融会社

消費者金融の審査に落ちる7つの理由

>>詳細はココ

消費者金融の審査に落ちる7つの理由

>>詳細はココ

消費者金融の審査に落ちる7つの理由

>>詳細はココ

関連ページ

収入証明書不要でキャッシングできる消費者金融はあるの?
消費者金融で収入証明書不要でキャッシングすることができるところはあるのでしょうか?答えは「NO]です。但し、あなたが借りたい金額によっては不要になることがあります。ここでは消費者金融各社の「収入証明書の提出条件」についてご紹介します。
消費者金融の返済日に遅れるときの対処法は?延滞金はどれくらい?
消費者金融の返済に遅れる場合、どうしたらようのでしょうか?ここでは消費者金融の返済日に遅れる場合の対処法と、延滞金についてご紹介していきます。
消費者金融を利用したら住宅ローン等のローンが組みにくくなる?!
「消費者金融を利用すると住宅ローンが組みにくくなる」ネット上で飛び交うこの情報は果たして真実なのでしょうか?ここでは消費者金融と住宅ローンの関係性について徹底的にご紹介していきます。
消費者金融の完済後の解約方法は?
消費者金融の完済が終わり、解約したいと思った場合、どうしたらよいのかを各社毎にまとめました。完済した人も、これから消費者金融に申し込む人も参考にしてみて下さい。
消費者金融のカードだけ作っていざというときに備えるのはあり?
冠婚葬祭や急な出張など、何かと急な出費が必要になる現代人にとって、消費者金融のキャッシングカードは必要不可欠です。ここでは消費者金融のカードを作るメリット・デメリットについてまとめました。
消費者金融・銀行カードローン・信販クレジット会社から1000円だけ借り入れできる?
「1000円だけ借りたい!」そんな時があるかと思います。1000円くらいなら有人や同僚から借りることもできますが、社会人として知人とお金の貸し借りはしたくないですよね?ここでは1000円から借りることができる消費者金融・銀行カードローン・信販クレジット会社をご紹介します。
消費者金融・銀行カードローンから郵送物は届くの?
消費者金融・銀行からは契約書やローンカードなど、契約内容や契約方法によっては自宅や会社(選択可能)に郵便物が届きます。ここでは郵便物が届く際の「差出人名」や郵便物を回避する方法などについて詳しくご紹介していきます。
審査の通りやすい消費者金融はどこ?
消費者金融の審査を受ける際、審査の通りやすさは気になるポイントの一つかと思います。いくら金利が低くて、無利息サービスがあっても、審査に通過しないことにはそれらのサービスを利用することはできませんからね。ここでは各消費者金融の審査通過率について詳しくご紹介していきます。
消費者金融と銀行カードローンではどっちが審査が通りやすい?
銀行カードローンと消費者金融、どちらの審査が通りやすいのでしょうか?実は消費者金融は「審査通過率」というデータを出しています。銀行カードローンは消費者金融の半分程度の通過率というので銀行の審査通過率は…?
即日振込は消費者金融と銀行カードローンどちらが早い?
即日の振込み融資を受ける場合、消費者金融と銀行カードローン、どちらが早いでしょうか?ここでは消費者金融と銀行カードローンの即日振込みまでの融資スピードを比較していきます。
消費者金融からお金を借りたい場合どこがおすすめなの?
消費者金融からお金を借りる場合、どこから借りるのが良いのでしょうか?これは、あなたがどんな状況かによって変わってきます。ここでは「土日に即日」「平日」「初めての場合」など、様々なシチュエーションに合わせたおすすめの消費者金融をご紹介します。
当日中に借りられるおすすめの消費者金融
当日中に借りるのにおすすめの消費者金融はどこでしょうか?正直、平日なら大きな差はありません。しかし、土日で会社が休みの場合は別です。「在籍確認」が必要な為です。ここでは「土日・祝日」も含めて確実に借りたい人におすすめの消費者金融を御紹介します。
他社借入が複数あっても消費者金融の審査は通る?
他社から複数の借りいれがあると、それだけで消費者金融の審査には不利になると言われています。ただ、「何件」「いくらから」NGなのかというのはその人の収入や条件によって異なります。ここでは他社から借り入れがある人の審査に影響する3つの原因についてご紹介していきます。
学生でも即日で借りられる消費者金融あるの?
卒業旅行や合コンなど、学生は何かとお金がかかるイベントが沢山あります。そんな時におすすめなのが申し込みの当日に即日で借りれる消費者金融です。ここでは学校や親にバレにくく、即日キャッシングが可能な消費者金融をご紹介していきます。
専業主婦でも即日で借りられる消費者金融はあるの?
収入が全く無い専業主婦の方の場合、消費者金融で借りれるのは「レイク」のみですが、そのレイクもかなりグレーな感じです。ここではなぜ専業主婦の方が消費者金融から借りられない理由と、おすすめの銀行カードローンをご紹介します。